沖縄料理で使われる食材のひとつ、アグ―豚についてどういったものなのかなどを紹介してみたいと思います。

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について

Pagelist

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について

沖縄料理の食材のひとつアグ―豚について 沖縄料理に使われる食材でアグ―豚があります。これはどういったものかについてお伝えしてみたいと思います。まず、元々は中国から渡来されてきたともいわれていて、豚の一種のことです。また、元々は毛の色が黒色で、体重も100キロくらいの小型のもので、それから脂身が多く、肉の部分が少なかったともいわれているのも特徴です。

それから今、改良されてとても肉質の良いといわれるアグ―豚ですが、肉質の部分がとても柔らかく、それでいて臭みがないというのが大きな特徴ではないかと思います。また、赤身の部分は少なく、脂の部分が多いのですが、コレステロールについては、今までの豚肉に比べてみても4分の1なのだそうです。このように健康や美容によい食材であることも特徴として知っておいてもらいたいと思います。

また、アグ―豚のおいしい食べ方としておすすめしたいと思うのは、しゃぶしゃぶです。このように本来の味がわかりやすい食べ方が一番おいしさが伝わるかと思います。また、本場の味を食べてみたい方には、インターネットなどで沖縄から購入することもできたりするのです。このような特徴のある味を産地直送で購入して是非試してみてもらいたいと思います。